フィナステリド

フィナステリド錠(プロペシア)の効果と副作用のまとめ。その他のフィナステリド含有育毛剤との比較やミノキシジルとの併用についても。


フィナステリドとは?

フィナステリドの効果と副作用の情報をまとめました。

フィナステリドはプロペシアの主成分

フィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)の飲み薬として有名なプロペシアの成分名です。(※男性型脱毛症は、額の生え際や頭頂部から薄くなっていくのが特徴。成人男性の薄毛の多くが男性型脱毛症によるものと言われている。)

フィナステリドは、もともと前立腺肥大症の薬としてプロスカーという商標名で販売されていました。ところが、発毛効果があることがわかったため、FDA(米国食品医薬局)の認可を受けて男性型脱毛症の治療薬プロペシアとして発売されました。その後、世界60ヶ国以上で承認され、2005年に日本の厚生労働省にも認可されました。

効果

男性型脱毛症の主な原因物質は、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンです。ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンの一種であるテストステロンと変換酵素(5αリダクターゼ)が結びつくことで産生されます。

フィナステリドには、この変換酵素(5αリダクターゼ)を阻害する効果があるため、結果的にジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑制することにつながります。それによって、これまでDHTによって活動を妨害されていた毛母細胞が正常化し、毛髪の成長が促進されます。

プロペシアの国内の臨床試験結果は以下の通りです。 服用患者の98%に毛髪状態の改善・維持が認められました。また、3年間の継続投与にて、毛髪状態改善例の占める割合が増加しました。

【国内長期投与試験(3年間)におけるプロペシア錠1mgの効果】

改善維持脱毛進行
1年後58%40%2%
2年後68%31%1%
3年後78%20%2%

フィナステリドは、額の生え際が後退するM字型の薄毛にも効果がありますが、より効果が高いのは頭頂部が薄くなるO字型の薄毛です。

なお、頭髪以外の体毛には影響を及ぼしません。

副作用

国内の臨床試験では、フィナステリドとプラシーボ(偽薬)との間に副作用発現頻度の有意差は認められませんでした。このことからフィナステリドは副作用の少ない安全な医薬品といえます。

しかし、医薬品である限り副作用が全くないわけではありません。臨床試験では、フィナステリドを服用した人の約2%で、勃起不全、性欲減退、精子の減少といった性機能低下の副作用が現れました。

ただし、もしこれらの副作用が起こったとしても内服を中止すれば治まります。また、内服を続けても治まることが多いようです。

服用期間

フィナステリドは薄毛の原因を根絶する薬ではありません。服用している間だけDHTの産生を抑制する薬です。

そのため、フィナステリドの効果を持続させるには、服用を継続する必要があります。服用を中止すると、フィナステリドによって増えた髪は徐々に抜け、数ヶ月から1年ほどで元の状態に戻ってしまいます。

注意

フィナステリドの効果があるのは男性型脱毛症の成人男性だけです。未成年者や女性は使用できません。

特に妊婦や妊娠可能な年齢の女性、および授乳中の女性は、フィナステリドへの接触も避けてください。破損した錠剤に触れるなどして有効成分が吸収されると、男性胎児の生殖器官等の先天奇形をきたす恐れがあります。

また、フィナステリドを服用している男性の献血は禁止されています。フィナステリドが含まれる血液が、妊婦や授乳中の女性に輸血されるのを防ぐためです。献血するには1ヶ月間の休薬期間をとる必要があります。

肝機能障害のある方は医師に相談してください。フィナステリド錠の服用中に肝臓の酵素が上昇した報告があります。

前立腺がんの検査を受ける予定のある方は、本剤を服用している旨を医師に伝えてください。フィナステリド錠は、前立腺特異抗原(PSA)検査の結果に影響することがあります。

フィナステリドを含む育毛剤の比較

フィナステリドを含有する医薬品は、プロペシアやプロスカーの他にも存在します。最も有名なのがインドのシプラ社製のフィンペシアフィンカーです。

通常、医薬品は発明品と同じように特許で守られ、特許期間中(20〜25年)は他のメーカーが製造販売することはできません。ところが、インドは国内の特許法で医薬品を特許対象外と規定しているため、同じ成分、同じ効果の医薬品を合法的に生産できます。

後発品は研究開発費がかかっていないため、低価格で購入できる利点があります。

フィナステリドを含む医薬品を比較してみましょう。


フィナステリド含有量1mgあたりの価格購入方法
プロペシア1mg250円前後病院・個人輸入
フィンペシア1mg130円前後個人輸入
プロスカー5mg50円前後個人輸入
フィンカー5mg20円前後個人輸入

プロスカーとフィンカーは、本来は前立腺肥大症の治療薬です。男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアやフィンペシアと比べると、1錠あたりのフィナステリド含有量が5倍です。

それゆえ、プロスカーやフィンカーを育毛目的で使用する人は、ハサミやピルカッターを用いて4〜5分割して服用しているようです。

フィナステリド錠とミノキシジルの併用

外用発毛剤ロゲインの主成分として知られるミノキシジルは、薄毛の治療薬としてフィナステリドと双璧をなす成分です。日本ではリアップに含まれる成分として有名です。

欧米では、このミノキシジルとフィナステリド錠の併用が、男性型脱毛症の標準的な治療法として認知されています。

脱毛防止に優れるフィナステリドと、発毛促進に優れるミノキシジルは、併用することでそれぞれの短所を補完しあい、治療の効果を高めます。

↑ページの先頭へ